So-net無料ブログ作成

増田博一もまともな社会人ではない [ダブルスタンダード]

今日はヒッチハイクにからめて、いつものネタ、飲酒とダブルスタンダードについて

讀賣新聞の「読者と記者の日曜便」から

兵庫県の青木裕子さん(59歳)からの投稿。

日本一周をヒッチハイクで回っている人を車に乗せた。なかなかさわやかで楽しい体験であったとのこと。

それに続いて、増田博一の感想。

若いときに自分も旅をしたが、「アルコール度数の高い思い出が多くていけません」、「それでは私も、若者の夢に乾杯すべくちょっと出掛けててまいります。」

まず、ヒッチハイクについて。 どう考えても、犯罪の温床になるとしか思えない。現にアメリカの多くの州では禁止されている。

国情が違っていても、犯罪を誘発し危険であるに決まっている。そんな行為を礼賛することは自ら「社会の木鐸」でないことを示していることになるだろう。

しかし、検索して驚いたことは「ヒッチハイクマニュアル」なるものが販売されていることであった。
今日から始めるヒッチハイクマニュアル

こんなものでヒッチハイクがもしはやれば、犯罪が続発し、殺人事件もそのうち起こるだろう。



それから、「またか」であるが、この記者も飲酒を礼賛している。 飲酒の害を知らないのであろうか。それとも重要なスポンサーであるから、さりげなく飲酒を薦める広告を記事に忍ばせておくことになっているのだろうか。

どうして新聞は飲酒の害を啓蒙しないのだろう。大麻吸引者を極悪人扱いするのに。

飲酒にしても、ヒッチハイクにしても今日の記事から伝わってくるのは「法律さえ破らなければいい」という、まことにまともな社会人らしからぬ意識である。

「ヤクザが書いてヤクザが売る讀賣新聞」ということか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。